保険診療と自費診療について

自費診療とは

保険診療とは、すべての国民が等しく医療を受けられるように作られた優れた制度です。ただ、一部の治療方法や使用できる材料などに制約がります。基本的にインプラント、矯正、審美治療などは保険適用にはなりません。
対して自費診療は、保険が適用されないため保険診療と比較し経済的な負担が大きくなりますが、「再度虫歯になりにくい治療」や「仕上がりの良さにこだわった治療」、「噛み心地の快適さを追求した治療」など、保険診療では実現の難しかった治療が可能となります。

シールズデンタルクリニック東池袋院の方針

シールズデンタルクリニック東池袋院では、保険診療でも、可能な限り精度の高い治療を心がけています。しかし、患者様の「症状」であったり、「ご希望される治療結果」のために自費診療の方が良い場合も少なくありません。保険診療、自費診療、両方のメリット・デメリットをご説明させていただき、患者様にとってベストな治療を一緒に考えていきます。
保険診療をご希望の方で、「一応自費診療についても説明を聞いてみたい」といった場合も、お気軽にご質問下さい。

保険診療と自費診療の素材の違い

白い詰め物・被せ物

保険診療で使用できる白い歯の素材は、セラミックやジルコニアではなく、「プラスチック=レジン(樹脂)」です。樹脂は吸水性があり、セラミックやジルコニアと比べ、はるかに劣化しやすいため、どうしても経年で黄ばんできてしまいます。小さい虫歯の場合は少ない切削量で詰め物ができるというメリットもありますが、強度が劣るためプラスチックでは対応が難しい場合もあります。「長期間にわたって変色がほとんど起きない美しい歯にしたい」という方には自費診療のセラミックやジルコニアが適しております。

歯を失った場合の治療

歯を失った場合、保険診療では、失った部分の両隣の歯を土台とするため大きく削り、数本の歯が連なった銀歯の被せ物を橋渡しのように被せる「ブリッジ」や、プラスチックの「入れ歯」となります。「他の歯を削りたくない」「入れ歯は避けたい」「自分の歯の様な見た目や嚙み心地にしたい」といった場合には、ブリッジや入れ歯では難しいため、自費診療のインプラントが適しております。

歯並びの治療

手術が必要となる顎変形症や、唇顎口蓋裂など、特定の疾患による不正咬合であれば、認可を受けた医療機関で保険による矯正治療を受けることができます。それ以外の不正咬合「出っ歯」「受け口」「叢生(歯が部分的に重なっている状態)」などは、保険診療で矯正治療することはできません。 自費診療での矯正治療となります。


自費診療料金表