保険外治療を無理に勧めません

保険適用外の自費診療とは

日本では国民皆保険制度があり、歯科治療は健康保険を使って受けることができます。ただし、保険診療は原則「悪い部分を治す」つまり「治療」に限られています。インプラント、矯正、審美治療などは保険適用にはなりません。保険適用外の自費診療は、保険が適用されないため経済的な負担が大きくなります。ただし保険診療よりも費用負担が大きくはなりますが、「再治療になりにくい精密治療」「仕上がりの良さにこだわった審美的治療」「噛み心地の快適さと見た目を追求した入れ歯」など、保険診療ではできなかった質の高い治療を受けることができます。

シールズデンタルクリニック東池袋院の方針として

シールズデンタルクリニック東池袋院では、保険診療でも、可能な限り精度の高い治療を心がけています。しかし、患者様の症状であったり、ご希望される治療結果のために保険適用外の自費診療の方が良い場合や、そもそも保険適用外の自費診療でしかできない治療も少なくありません。その際には保険適用外の自費診療という選択肢についてもご説明させていただきますが、無理に保険適用外の自費診療をおすすめすることはありません。あくまで最終的に決定するのは患者様なのでご安心ください。

患者様のニーズを尊重します

私たちは患者様お一人おひとりの症状やご要望に向き合い、可能な限り最適と考えられる治療プランを提案しています。保険診療を中心に、インフォームドコンセントの一環として保険適用外の自費診療の選択肢もご説明させていただくこともありますが、あくまで患者様が保険診療、保険適用外の自費診療を選択することができます。

保険治療の適切な活用を促します

保険治療は一般的な歯科治療において広く適用されるものであり、費用負担を抑えながら適切な治療を受けることができます。シールズデンタルクリニック東池袋院では、保険治療の範囲内での治療方法を適切に活用し、患者様に負担の少ない治療を提供することを重視しています。

透明性と信頼関係の構築に努めます

無理に自費治療を勧めることは、患者様との信頼関係を損なうことに繋がりかねません。シールズデンタルクリニック東池袋院では、治療に関する情報を明確かつ丁寧にご説明し、患者様に納得いただいた上で治療を進めることを大切にしています。透明性のあるコミュニケーションを通じて、患者様との信頼関係を築いていくことを目指しています。