歯周病治療

歯周病について

歯周病菌を減らすことで歯周病を改善し、歯をなるべく残す治療を提案します。歯周病は、むし歯よりも歯を失う確率の高い病気ですが、初期には“自覚症状が無い”ため、どうしても発見が遅れがちになります。歯周病の治療は、SRP(スケーリング)や薬剤などを使用して菌を退治することが基本。症状によっては外科的処置を行なうこともあります。
ただし、歯茎の奥深く付いた歯周病菌を全て無くすには、相当の時間と根気が必要となります。いつまでも丈夫な歯を保つためには、医院での定期健診と毎日のしっかりとした予防ケアが大切です。

歯周病の症状

こんな症状はありませんか?

以下の症状にあてはまる方は、歯周病の可能性があります。歯周病の初期段階では、歯ぐきの腫れや出血が見られますが、痛みはほとんどありません。しかし、放置していたり適切なケアを怠ると、歯周病は気づかないうちに進行(サイレント・ディジーズ=静かなる病気)していきます。お早めにご相談ください。

歯周病チェック
  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする
  • 歯を磨いた時に血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
  • 硬いものを噛むと痛む
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする
  • 歯がグラグラする
  • 歯が浮いているような気がする
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る

歯周病の進行

歯周病は、歯を支える組織に影響を与える感染症であり、プラーク内の細菌が原因で発生します。この病気は初期段階では歯肉炎として現れ、放置すると歯周炎へと進行し、最終的には歯の喪失につながる可能性があります。歯周病の進行過程は段階的であり、それぞれのステージで異なる症状と治療法が必要です。

軽度

歯ぐきに炎症が起き、歯との間「歯周ポケット」が深くなります。痛みはまだありませんが、ブラッシング時に出血することがあります。この段階は「歯肉炎」といいます。歯肉炎は、適切な治療とケアによって回復可能=可逆的な状態です。

中等度

炎症が深まり、歯周病菌が顎の骨にまで達しています。歯周ポケットが深くなり、歯はグラグラしはじめます。

重度

顎の骨が半分以上溶けています。歯周ポケットがかなり深くなり、歯はグラグラに。歯ぐきからは膿が出て口臭も増します。ここまでくると、最終的に歯は抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

歯周病の原因は歯石です。歯の表面に絶えることなく形成される細菌性の膜をプラーク(歯垢)と呼びます。このプラーク(歯垢)が石灰化した歯石が歯周病の原因です。プラーク(歯垢)は歯の表面ででき、プラークからの毒素が歯ぐきにしみ込んでいきます。こうして歯の磨き残し等で歯茎のまわりに残った大量のプラークが炎症を引き起こすのです。

プラークは本来歯と同じ色なので見つけるのが困難です。ネバネバですが軟らかく歯磨きで取り除くことができます。取り除かないと、石灰化して硬くなっていき、歯石がつくられます。

歯石にはプラークが付きやすく、新しく軟らかいプラークがざらざらした歯石の上に急速に形成され、これが炎症を引き起こし進行していきます。歯周病菌は嫌気性菌であり、無酸素状態でなければ生きられず、歯石は付着した歯の周りを無酸素状態にして歯周病菌が繁殖しやすい環境を作ります 。

歯周病の検査

歯周病の検査は、歯茎や歯周組織の健康状態を評価するために行われます。以下に、歯周病の主な検査方法とその目的について説明します。これらの検査を組み合わせることで、歯周病の診断と治療計画の立案が行われます。定期的な検査と早期発見が、歯周病の予防と治療において非常に重要です。

1. 歯周ポケット検査

  • 目的: 歯と歯茎の間にある歯周ポケットの深さを測定し、歯周病の進行度を評価します。
  • 方法: 歯周プローブという細い器具を使って、歯と歯茎の境目にあるポケットの深さを測定します。通常、健康な歯茎のポケットの深さは1~3mmですが、歯周病が進行すると4mm以上になることがあります。

2. 歯垢と歯石のチェック

  • 目的: 歯や歯茎の周りに付着している歯垢(プラーク)や歯石(タルタル)を確認し、清掃状態を評価します。
  • 方法: 視覚的なチェックや染色液を使って、歯垢の付着部位を特定します。染色液は歯垢に付着し、目視で確認しやすくします。

3. 歯茎の健康状態の視覚的評価

  • 目的: 歯茎の色や腫れ、出血の有無を確認し、炎症の兆候を評価します。
  • 方法: 口腔内を目視でチェックし、歯茎の色や形状、腫れの程度を観察します。健康な歯茎はピンク色で引き締まっていますが、炎症があると赤く腫れることがあります。

4. 歯の動揺度の測定

  • 目的: 歯がどの程度動揺しているかを確認し、歯周組織の健康状態を評価します。
  • 方法: 歯を軽く押したり引いたりして、動揺の程度を測定します。歯の動揺は歯周病が進行して歯を支える骨や組織が破壊されると増加します。

5. X線検査(レントゲン)

  • 目的: 顎の骨の状態を評価し、骨の減少や骨吸収の程度を確認します。
  • 方法: 歯科用X線撮影装置を使って、口腔内のレントゲン画像を撮影します。これにより、骨の状態や歯周病による骨の損失を確認することができます。

6. 唾液検査

  • 目的: 唾液の成分や量を評価し、歯周病のリスクや進行度を予測します。
  • 方法: 唾液を採取し、酵素や抗菌物質の量、pH値などを分析します。

歯周病の治療

歯周病の治療は、病気の進行度と患者の個別の状況に応じて異なります。以下に、一般的な歯周病の治療方法を説明します。

1. プラークコントロールとホームケア

  • 目的: 歯垢と歯石の除去、口腔内の清潔を保つための基本的なケア。
  • 方法: ブラッシング・フロッシング・抗菌リンス

2. プロフェッショナルクリーニング(スケーリングとルートプレーニング)

  • 目的: 歯石の除去と歯の表面の平滑化を行い、歯周ポケットの深さを減少させる。
  • 方法: スケーリング(歯の表面や歯周ポケット内の歯垢や歯石を専門の器具で除去します)・ルートプレーニング(歯の根面を滑らかにして細菌の再付着を防ぎます)

3. 歯周外科手術

  • 目的: 深い歯周ポケットの除去や、損傷した歯周組織の修復を行うための手術。
  • 方法: フラップ手術(歯茎を切開して歯根を露出させ、深い歯周ポケットの清掃や骨の整形を行います)

骨移植

  • 目的: 骨の再生を促すための手術。
  • 方法: 骨の再生を促進するために、自家骨や人工骨を移植します。

歯周組織再生療法

  • 目的: 骨の再生を促すための手術。
  • 方法: 成長因子やメンブレンを使用して、失われた歯周組織や骨の再生を促します。

レーザー治療

  • 目的: 痛みを伴わない方法で、歯周ポケット内のバクテリアを除去し、炎症を軽減する。
  • 方法: 特殊なレーザーを使用して、歯周ポケット内の感染した組織を取り除き、歯の根面を消毒します。

メンテナンス治療

  • 目的: 歯周病の再発を防ぐために、定期的なチェックアップとクリーニングを行う。
  • 方法: 歯科医師の指導のもと、定期的に歯科クリニックを訪れ、口腔内の状態をチェックし、必要なメンテナンスを受けます。

生活習慣の改善

目的: 歯周病のリスクを減少させ、治療の効果を持続させる。

方法: 喫煙は歯周病の進行を早めるため、禁煙することが推奨されます。また、栄養バランスの取れた食事を心がけ、ビタミンやミネラルを摂取することで、歯と歯茎の健康を保ちます。


大石院長より一言

池袋の歯医者「シールズデンタルクリニック」院長の大石です。

歯周病は、早期に発見し治療を行うことで健康な歯と歯茎を保つことができます。当院では、先進の治療法と高度な技術を用いて、歯周病の予防と治療に力を入れています。痛みや出血、歯茎の腫れなど、少しでも異常を感じたら、すぐにご相談ください。

歯周病は放置すると全身の健康に影響を及ぼすことがあります。定期的な検診と適切なケアで、皆さまの口腔内の健康を維持し、美しい笑顔を守るお手伝いをさせていただきます。